読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学4年生あーおの卒業旅行記

もうすぐ社会人!

意外とよかった、マレーシア・ランカウイ島②到着、ローカルな夜ご飯

ガイドブックは失くしたものの、無事ランカウイ島へ到着。

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911214540j:image

夜7時着だったけど、明るい!

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911214704j:image

(↑滑走路を歩いて飛行場内へ入るスタイル)

 

荷物を取って、HISのガイドさんと合流し、マイクロバスで飛行場から35分ほどのホテルへ。

 

機内食が微妙すぎて空腹すぎた我々の話題は、当然のようにご飯。飯。

 

友人T

「ガイドさん、オススメのレストランってありませんか?」

ガイド

「ん〜〜、ソゥダネ、人がタクサンいる店がイイよッ、オイシイよッ」(雑)

「えーと、さっきガイドブックを見て(かすかな記憶)、○○って店が良いって書いてあったんですけど、どうですか?」

ガイド

「・・・ん〜〜〜〜○○ゥ〜〜?○○はネ〜〜、ん〜〜、観光客向けダネ〜〜、ン〜〜」

 

・・・・・ 

 

友人T

「ガイドさん、お願いッ!!

地元の人に人気のお店に連れてって✨」

 

どうしたことだろう、先ほどまで雑すぎたガイドさんだが、女子力高めの日本人女子大生Tのキラキラした瞳にノックアウトされたのであろうか、彼は突然優しくなった。

 

「ヨシャ、ホテルについたら部屋に荷物置いてすぐ戻ってきナ!!連れてってヤンヨ!」

 

てなわけで、

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911221110j:image

連れてってもらいましたよ、ローカルフード@クアシティ。(店名:榮隆海鮮飯店、たしかに繁盛している)

(↑メニュー全部漢字)

 

ローカルすぎて英語メニューゼロ

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911222104j:image

(↑ガイドさんに全部注文してもらうの図)

 

「肉と魚と、えびっ!あとスープ!あと野菜も食べたい!!」

 

我々のアバウトすぎる要望をマレー語で店員に伝えてくれるガイドさん。

 

彼のセンスで注文された、我々の初ランカウイ飯がこちら。

⇩⇩⇩

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911222509j:image

(↑枝豆の茹で汁のような味がするココナッツジュース)

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911222515j:image

(↑うま過ぎる緑もやし、カレイの激辛煮付け、さすがの旨さチャーハン、えびマヨのようなもの、見た目泥のような肉汁)

f:id:popcorn_bakuhatsu:20160911222521j:image

(↑泥色の汁の中に、肉団子、骨つき肉、野菜などが入っている、これをエスニックというのか、謎の風味だけど美味しい)

 

全体的に美味い、枝豆の茹で汁以外うまい。

もしやこの島、ご飯に期待できるのでは???

ハッピーーーー!!!!

 

つづく